ホーム > 参加する > 研修会について

研修会について

自立支援に向けたリハサービスの役割とその使い方(世田谷)

 世田谷区のリハビリテーションは、地域包括ケアの中で利用者の自立した生活を支援することを最大の目標としております。その中で、各時期のリハサービスが担う役割や強みを再確認し、それらが効率的かつ効果的に患者・利用者の自立につながることが重要となります。
 昨年好評であった本研修会を、今年度も事例を用いながら急性期や回復期の入院リハ・外来リハ、訪問リハ、通所リハ、通所介護が提供できる具体的なリハ内容をお伝えし、どの時期にどのような内容のリハが必要となるのかをイメージできるよう企画いたしました。是非ご参加くださいますよう、お願い申し上げます。※2回とも内容は同じです。

1回目
内  容
・各時期のリハの役割 概要
 病院:玉川病院(菊池 佑至 氏)
 訪問:三軒茶屋内科リハビリテーションクリニック(大島 豊 氏)
 通所リハ:駒沢診療所(中島 直美 氏)
 通所介護:りはっぴぃ(鹿島 美恵子 氏)
・ディスカッション
場  所
世田谷区保健センター 3階「大ホール」
日  程
令和2年1月23日(木)
申込締切
令和2年1月 16日(木)
2回目
内  容
・各時期のリハの役割 概要
  病院:久我山病院(中村 京子 氏)
  訪問:成城リハケア病院(佐藤 歩 氏)
  通所リハ:デイケアかとり(吉村 覚 氏)
  通所介護:りはっぴぃ(鹿島 美恵子 氏)
・ディスカッション
場  所
烏山区民会館
日  程
令和2年2月13日(木)
申込締切
令和2年1月 16日(木)

詳細内容・お申込み方法

当日の詳しいご案内とお申込みはこちらをご覧ください。





事例検討会(世田谷)

 地域では、多くの専門職が働いています。地域で働く専門職すべての方を対象とし、グループワーク(事例検討)を通じて他職種理解を深めることが目的の研修です。
 今回は、事例について、地域でどんな関わりが出来そうか、多職種で検討してみたいと思います!違う事例にて2回開催予定です。どちらにご参加いただいても構いません。

1回目
内  容
グループワーク(事例検討)
場  所
東京リハビリテーションセンター世田谷 地域交流スペース
日  程
2019年11月28日(木)
申込締切
2019年11月21日(木)
2回目
内  容
グループワーク(事例検討)
場  所
玉川区民会館(玉川総合支所 二子玉川仮設庁舎内)
日  程
2019年12月4日(水)
申込締切
2019年11月21日(木)

詳細内容・お申込み方法

研修は終了いたしました。





安全・安楽移乗介助(世田谷)

 東京都区西南部地域リハビリテーション支援センターでは、ケアマネジャー、介護職の皆さんを対象とした研修会を企画開催しております。
 今年度の第一弾は「移乗介助のコツ」についての研修会です。脳卒中、廃用症候群、骨折などの疾患別の移乗介助のポイントについて、実技を交えながらリハ職が分かり易くお伝え致します。安全で、かつ利用者の自立を促せるような移乗介助のポイントを一緒に学びましょう!

内  容
安全・安楽移乗介助(疾患別のポイントを学ぼう)
※7/23に在宅総合ケアセンター成城で行った研修と同じ内容になります。
場  所
玉川病院 地下1階 リハビリテーション室
対  象
世田谷区で働くケアマネジャー、介護職の皆さん
日  程
2019年11月14日(木)
申込締切
2019年11月9日(土)

詳細内容・お申込み方法

研修は終了いたしました。





ワークショップ(目黒区)

 人の数だけLIFE(生命、生活、人生)があります。その多様なLIFEは、異なる専門性のある職種がチームを組み、協働して関わるからこそ、支えることが出来るのではないでしょうか。 今回は、1つの事例を基に多職種でディスカッションを行うことで、他職種理解を深め、地域のチーム力を高めることにつなげます。目黒区で働く専門職の方のみを対象とした研修です。

内  容
ワークショップ(本当のチーム力を高めよう)
場  所
目黒区総合庁舎2階 大会議室
対  象
目黒区で働く専門職の方のみを対象
日  程
2019年11月29日(金)
申込締切
2019年11月5日(火)

詳細内容・お申込み方法

研修は終了いたしました。





摂食嚥下研修会(渋谷)

 東京都区西南部地域リハビリテーション支援センターでは、ケアマネジャー、 介護職の皆さんを対象とした研修会を開催しています。(関心があれば他職種でも参加可能です!) 今年度第二弾は、摂食嚥下をテーマに開催致します。摂食嚥下リハビリテーションの基礎知識に関する講義に加え、実際の嚥下食を用いて介助する・される体験や食事の際のポジショニングのコツなど、言語聴覚士をはじめ多職種からお伝え致します!

内  容
体験でわかる摂食嚥下サポート
場  所
初台リハビリテーション病院 2階訓練室
対  象
渋谷区で働くケアマネジャー、介護職の皆さん
日  程
2019年11月22日(金)
申込締切
2019年11月6日(水)

詳細内容・お申込み方法

研修は終了いたしました。





摂食嚥下研修会(世田谷)

 例年ご好評をいただいております「在宅における摂食嚥下障害への対応研修」を今年度も開催いたします! 百瀬歯科医院の百瀬智彦先生と言語聴覚士による摂食嚥下リハビリテーションの基礎知識と口腔ケアのツボについての講義と、昨年ご好評を頂いた実技体験については少し時間を拡大して開催させて頂きます。是非、現場で活躍されている方もご参加ださい!

内  容
在宅で出来る嚥下機能評価や食事の工夫について
在宅で出来る口腔ケアの診かたについて
※VE(嚥下内視鏡検査)、舌圧計 実演あり
※実技体験:嚥下機能評価・嚥下機能障害体験・嚥下体操
場  所
三茶しゃれなあど 集会室オリオン
対  象
世田谷区で働くケアマネジャー、介護職の皆さん
日  程
2019年10月25日(金)
申込締切
2019年10月21日(月)

詳細内容・お申込み方法

研修は終了いたしました。





安全・安楽移乗介助(世田谷)

 東京都区西南部地域リハビリテーション支援センターでは、ケアマネジャー、介護職の皆さんを対象とした研修会を企画開催しております。
 今年度の第一弾は「移乗介助のコツ」についての研修会です。脳卒中、廃用症候群、骨折などの疾患別の移乗介助のポイントについて、実技を交えながらリハ職が分かり易くお伝え致します。安全で、かつ利用者の自立を促せるような移乗介助のポイントを一緒に学びましょう!

内  容
安全・安楽移乗介助(疾患別のポイントを学ぼう)
場  所
在宅総合ケアセンター成城
対  象
世田谷区で働くケアマネジャー、介護職の皆さん
日  程
2019年7月23日(火)
申込締切
2019年7月20日(土)

詳細内容・お申込み方法

研修は終了いたしました。





重度麻痺・体格差がある人への移乗研修 (渋谷)

 東京都区西南部地域リハビリテーション支援センターでは、ケアマネジャー、介護職の皆さんを対象とした研修会を開催しています。(関心があれば他職種でも参加可能です!)
 今年度第一弾は 、昨年もご好評をいただいたテーマの 「移乗動作」 です。 内容は重度麻痺( 頚髄損傷 弛緩性 麻痺 の方や、 体格差のある 方への移乗の 方法 をいくつかお伝え致します 。

内  容
重度麻痺・体格差のある方への移乗
場  所
初台リハビリテーション病院
対  象
渋谷区で働くケアマネジャー、介護職の皆さん
日  程
2019年7月26日(金)
申込締切
2019年7月10日(水)

詳細内容・お申込み方法

研修は終了いたしました。報告書はこちら。





認知症とリハビリテーション(目黒)

 「認知症の方へのリハビリテーションは、難しい・・・」という声を耳にします。認知症の利用者さんの「リハビリテーション」とは 何ができるのでしょう。 色々なサービスの導入が必要とされる中で、どういうタイミングで、どういう目的で認知症の方にリハビリテーションのサービスを利用していくと良いのでしょうか?
 高齢者の7人に1人が認知症の診断を受けている と言われる今、認知症の方たち とどう向き合っていくのか、が問われています。
 今回は、認知症疾患医療センターでもある、三宿病院の清塚先生からのミニ講義と、区内で 働いている実践家の皆さんとのディスカッションを通して、一緒に考えませんか?

内  容
認知症とリハビリテーション
場  所
目黒区総合庁舎2階 大会議室
日  程
2019年7月9日(火)
申込締切
2019年6月17日(月)

詳細内容・お申込み方法

研修は終了いたしました。報告書はこちら。





ページの先頭へ戻る

区西南部地域リハビリテーション支援センター

〒151-0071 東京都渋谷区本町3-53-3(アクセス
区西南部地域リハビリテーション支援センター(初台リハビリテーション病院内)

TEL:03-5365-8500(代表) FAX:03-5365-8512(直通)
mail:h-cbr@kiseikai-reha.com 担当:東(アズマ)、高橋、一ノ瀬