ホーム > 知る > PT・OT・STについて

知る

理学療法・作業療法・言語聴覚療法

理学療法PT(Physical Therapy)とは

 運動機能の低下や体力低下、関節の痛みなどの原因で生活機能の低下した方に対して運動療法や物理療法等を用いて、治療や動作練習を実施します。 「起き上がる」、「座る」、「立つ」などの基本動作能力の向上や背活に必要な移動動作能力の獲得を目指していきます。 福祉用具や装具などの適用の検討や住環境調整のアドバイス、介護負担の軽減に向けた助言なども実施していきます。

作業療法OT(Occupational Therapy)とは

 作業活動を通じて、手・腕・肩といった上肢の機能低下の治療や食事・排泄・入浴・移動などの日常生活動作の能力の向上を図っていきます。 また家庭での役割作りや調理・買い物などの家事動作の練習、職場復帰へ向けたお手伝いも実施していきます。 家庭生活での生きがい作りや生活動作能力向上のため自助具の活用や福祉用具の検討も行っていきます。

言語聴覚療法ST(Speech and Language Therapy)とは

 失語症や構音障害等で「コミュニケーション」能力が低下した方や、摂食嚥下機能が低下して「食べる」ことにお困りの方に、検査などを通じて評価を行い、治療や訓練を実施して機能の向上を図っていきます。それを通じて障がいのある方の生活の自立と社会復帰を支援します。

ページの先頭へ戻る

区西南部地域リハビリテーション支援センター

〒151-0071 東京都渋谷区本町3-53-3(アクセス
区西南部地域リハビリテーション支援センター(初台リハビリテーション病院内)

TEL:03-5365-8500(代表) FAX:03-5365-8512(直通)
mail:h-cbr@kiseikai-reha.com 担当:東(アズマ)・池淵・加納